コンブチャクレンズの賞味期限は?

コンブチャクレンズの賞味期限はどれぐらい?

 

コンブチャクレンズは、天然由来の成分にこだわった無添加のコンブチャドリンクです。

 

無添加製品ということで、合成保存料たっぷりの商品と違い、いつまでも日持ちするわけではありません。

 

賞味期限をしっかり確認して、安心して飲みたいですよね。コンブチャクレンズの賞味期限ですが、ラベルを確認してみると、

 

未開封の場合で約2年、開封後は半年ほど保管できるようです。これだけあれば、普通に飲んでれば問題なく飲み切れますね。

 

未開封時は問題ありませんが、開封してしまったあとは、そのまま放置はやめましょう。

 

開封後は、高温多湿な場所は避ける必要があります。特に夏場など暑い時期には、放置は厳禁。

 

冷蔵庫などに保管しておくのが間違いないですね。

 

コンブチャクレンズの内容量は720ml、1回で飲む量は付属の1カップ分(30ml)なので、毎日飲んだとすると、約24日持つ計算になりますね。

 

途中で飲むのを辞めたり、飲み忘れたりしない限りは、賞味期限を超えてしまうようなことは無いでしょう。

 

公式ショップから購入すれば、賞味期限はラベルのとおり、未開封2年、開封後半年で計算して大丈夫ですが、

 

公式ショップ以外から格安で購入した場合は、注意が必要です。格安のかわりに製造日からかなりたった製品が送られてきたりすることもありますので。

 

 

 

コンブチャクレンズの安全性は?

 

 

コンブチャクレンズを飲む前に、きになる安全性についてですが、コンブチャクレンズの安全性については、まったく問題ありません。

 

では、なぜコンブチャクレンズの安全性を気にする人が多いのか?

 

それは、コンブチャクレンズの安全性に問題があるわけではなくて、コンブチャクレンズの主成分であるKOMBUCHAのほうにあるんです。

 

KOMBUCHA(コンブチャ)は、日本でいうところの紅茶キノコのことで、昭和50年代に爆発的に大流行したことがあるんです。

 

その時に問題になったのが、自家製紅茶キノコの安全性だったんですね。

 

大流行した当時、今のように製品としてコンブチャ商品はありませんでしたので、皆自宅でコンブチャを作っていたんですが、

 

コンブチャを愛飲していた人達から、飲んで体調を崩した、具合が悪くなった、という相談が多数寄せられたんです。

 

そこで、当時の東京都立衛生研究所が調査を実施、コンブチャ自体に病原性は認められませんでした。

 

ただ、自宅で作ったものに関しては、酸性度が高くなりすぎるため、飲んで死亡にいたる可能性もある、という見解も一部で出されました。

 

また、自家製のものに関しては、雑菌などが入り込み、それで腹痛などの症状をおこしてしまうこともありました。

 

こういった理由から、コンブチャに対する安全性に疑念がもたれて、大流行した紅茶キノコは飲む人もいなくなり、姿を消していったんですね。

 

そこで、コンブチャクレンズの安全性なんですが、こちらに関しては安心の国内工場生産で、雑菌などが入り込む心配はゼロです。

 

また、自家製のものと違い、酸性度が高くなりすぎていることもありません。

 

安全性に関しては全く心配する必要はありませんので、安心して毎日飲んでくださいね!

page top